レーシック手術による手術給付金

レーシック手術を受けようとする際に、手術にかかる費用が、大きな負担となってしまうものです。

 

安い場合でも、およそ20万円程はすると言われていて、高い場合には、およそ50万円もの費用が必要になってしまうこともあります。このため、かなりの費用を準備しておく必要があるでしょう。
手術にかかる費用の分を、多少なりとも安く済ませたいとお考えでしたら、手術給付金の活用をしてみると良いと思います。

 

◎レーシック手術を受けることで手術給付金を受け取るには、

 

みなさんは、現在、生命保険に加入しているでしょうか。
生命保険に加入している人でしたら、手術給付金を受け取ることができる可能性があります。
保険と言っても、契約内容にいろいろあります。その中には、手術を受けることで給付金をもらえると言った内容のものもあるのです。
これに関しては、手術給付金の有無や値段、条件などが、保険会社によって異なってきますから、申請する時には、前もって必ず保険会社に聞いて確認してからみてから、手術給付金の申請をするようにしてください。
手術給付金が支払われるために必要なの条件などを確認した上で、手術給付金の申請をするようにしましょう。
保険会社によりますが、中には、加入してから2年以上経っていないと支払われないなどと言う条件を、設定している場合もあります。

 

◎手術給付金の受け取りの流れ

 

手術給付金を受け取りたい場合は、最初に、加入している保険会社に問い合わせをしてみてくだい。
そのあとに、一定の条件を満たしているようであれば、診断書や請求書の用紙を保険会社からもらい、眼科やクリニックで作成してもらってください。
給付金の請求書を作成してもらったら、最後に、それを保険会社に提出することで手続きは、終了です。
保険会社から問題ないと判断された場合には、手術給付金が、指定の口座に振り込まれることになります。