レーシック手術後のアフターケア

レーシック手術を受けた後は、適切なアフターケアをする必要があります。
適切なアフターケアを行わない場合、後で問題が起こってしまうことも珍しくありません。
そうならないためにも、レーシック手術後のアフターケアについて説明させて頂きます。
レーシック手術後のアフターケアとして、「手術直後」「翌日の検診」「翌週の検診」の3パターンに分けることが出来ます。
まずは、手術直後のアフターケアを見ていってみましょう。
手術直後は、医師に指示された目薬などを使用しましょう。
手術直後に目を刺激してしまうことは危険なので、保護用のメガネやサングラスを掛けるようにしましょう。
また、手術した日は、洗顔をしてはいけないので、その点も注意が必要です。
次に、翌日の検診のアフターケアを見ていってみましょう。
手術の翌日には、検診を受けるために、来院することになります。
その際に、手術後の様子などを伝えることになります。
何か異変を感じた場合は、遠慮なく申し出るようにしましょう。
最後に、翌週の検診のアフターケアを見ていってみましょう。
手術から一週間が経過した時も、検診を受けるために、来院することになります。
その際も、前回と同様に、異変などについて申告することになります。
異変がない場合は、今まで通りの生活をしても良いでしょう。

しかし、目を酷使しすぎないように注意する必要があります。
目を酷使しすぎてしまうと、また元の視力に戻ってしまう可能性があるのです。