レーシックの保険と費用

レーシック手術は眼鏡やコンタクトレンズを使用することなく、安全におこなえて、しかも裸眼の視力を元通りに回復することができる手術として近年注目を集めています。多くの人が実際にレーシック手術を受けられて、視力が回復したことに喜びを感じています。

 

視力が悪いことで悩みを持っている方は是非ともレーシック手術を受けて視力を元の通りに回復したいと考えていることでしょう。そして、実際にレーシック手術を受けたいと考えたのならば、費用がどれほどかかるのか気になってしまうでしょう。最新の技術を用いた手術のため決して安くはありません。

 

最近はレーシック手術が日本で始められたころに比べれば費用は段々と安くなってきましたが、それでも気軽に視力を回復させようと考えて受けられるような値段ではないですし、躊躇されている方も多いでしょう。

 

レーシック手術は公的保険の適用外のため自由診療で受ける必要があります。よって、どのクリニックで手術を受けるのかによって異なりますが、大体片目で20万円、両目で40万円ほどのお金がかかることが多いようです。よって、費用の問題はどうしても気にかかるでしょう。

 

ただし、自由診療のためクリニックによって大きく値段が異なり、片目で8万円から受けられるというクリニックもあれば、高いところでは80万円以上かかるクリニックもあります。
料金の違いは、最新機器を使用しているのか、最新技術を用いているのか、アフターケアやサポートが充実しているのかによって高額になるところもあれば、人件費や広告宣伝費を削減することによって、手術費用の値下げを行っているクリニックもあります。値下げに成功しているクリニックは、患者の回転数が大きいため費用を安く抑えても採算が取れるのです。

 

レーシック手術の料金設定に関しては、そのクリニックの経営方針や経済事情によって異なるでしょうが、施術の内容や医療機器、サービスの内容などを総合的に考えたうえで、クリニックを選ぶようにしましょう。

 

クリニックによってはお得なキャンペーンを実施していたり、モニターを募集していて格安であるいは無料でレーシック手術を受けられる場合があります。学生割引などを実施しているクリニックもありますし、様々なお得な情報が溢れていますので、きちんと情報収集してなるべく費用を抑えるように工夫しましょう。

 

また、生命保険や医療保険に加入している方の場合は、保険の種類やプランによって異なるでしょうが、レーシック手術が手術給付金の対象となっていることがありますので、民間保険に加入している方は施術前に保険会社に確認を取っておきましょう。問い合わせる場合に注意しておいた方がよいことは、レーシック手術について問い合わせるのではなく、レーザー角膜屈折矯正手術を受けたいのですが給付の対象でしょうかと問い合わせましょう。レーシック手術について質問した場合は、本来は受け取れる可能性があるのに断られることがあるため注意してください。

 

そして手術給付金の対象になることが分かったのならば、保険会社に医師の診断書が必要かどうかを確認しましょう。必要ならば、保険会社専用の診断書があるのかどうかを確認して、専用の診断書が用意されているのならばそれを取り寄せて、クリニックに診断書の作成を依頼しましょう。
診断書の作成にはクリニックによって異なりますが2週間はかかることがあるので、給付を受けられると分かったのならば早めに手続きを済ませましょう。