再手術について

レーシック手術を受けることにより、高い確率で視力を回復させることができるでしょう。しかし、中には術後に視力が回復せず、あるいは視力が一時的に回復したものの最終的には近視が進んでしまったり、乱視になってさいしゅじゅつを受けることになってしまった人がいます。

 

視力が回復しなかったり、乱視になってしまった場合は医師の技術不足や医療ミスが原因として考えられます。しかし、視力が一旦は元に戻ったのに、時間が経過した後に視力が低下してしまった場合は、術後に目を酷使しすぎたことが原因として起こる場合があります。術後はしばらくの間は目を安静にしておく必要があるのです。また、体質によっては削った角質が再び厚くなってしまうことにより再手術を受けないといけなくなってしまうことがあります。様々な理由によって再手術を受ける必要性が生じますが、どのケースにおいても、角質の厚さが十分残っていることが重要となってきます。ある程度の角質の厚さが残されていないと再手術を受けられなくなってしまいます。

 

レーシック手術を受ける際には、医師によっては、後に再手術を受けることを考慮に入れてある程度角質を残しておくことがあるようですが、角質を残してしまったために十分に視力が回復せず、結局再手術が必要となるケースもあるようです。いずれにせよ、レーシック手術を受けたにも関わらず思うように視力が戻らなかった場合には、改めて医師と相談して、再手術を受けるのかどうか決めていく必要があります。

 

再手術が必要であるならば、なるべく早く受けたいと思う方が多いでしょうが、一度レーシック手術を受けた後は、そこからできれば3ヵ月以上は時間を置いて再手術を行う方が良いとされています。また、再手術を行う際は、できるだけ視力が下がった状態で行うのが良いとされているようです。また、再手術を2度行うことはほとんどの場合不可能ですから、再手術は一回目の手術よりもさらに慎重に行う必要があり、失敗が許されない状況になります。

 

再手術を受ける場合は、クリニックによって有料の場合と、期限以内ならば無料で受けられることがあります。再手術を1回目の手術より安い料金に設定されている場合もあります。しかし、もし一度目の手術で思うように視力が戻らなかったのなら、原因がそのクリニックにある場合も考えられますので、別のクリニックを受診して、再手術を受けるためのクリニックを改めて慎重に選び直すのも良いと思います。

 

セカンドオピニオン外来を行っている眼科がありますし、他のクリニックでレーシック手術を受けた患者さんにも積極的に対応しているクリニックがありますので、一度目のクリニックのアフターケアなどで納得できない部分がありましたら、別のクリニックに相談することも大切でしょう。

 

レーシック手術は最近は安心して視力を確実に回復させることができる手術として認知されていますが、合併症や後遺症のリスクが少なからず存在していて、再手術が必要になるケースも考えられるということを理解しておくことは大切でしょう。クリニックによっては保証期間を長く取っていて、万が一に備えている場合がありますが、そもそも再手術を受けることを前提としたようなシステムの所で受けるよりは、本当に信頼のできる技術を持った医師が在籍しているクリニックを受ける方が良いかも知れません。どういう考え方をするのかは患者さんが自分で考えることでしょう。

 

強度近視の方や適応検査で角膜が薄いということが分かった方は、再手術が必要となる可能性が普通の人よりかは高いので、より医師と相談して、リスクがあることをきちんと理解したうえでレーシック手術に臨むようにしましょう。