レーシック手術の失敗例

レーシック手術は近頃大変話題になっていて、成功率が高く、視力を元の状態にまで回復させることができる素晴らしい手術であると認識されています。その成功率は95%以上あると言われていますが、裏を返せば5%は失敗してしまうことがあるということなのです。

 

レーシック手術の原理は大体のことなら知っている方が多いと思いますが、レーザーを使用して角膜を削ることにより屈折率を調整することによって視力を矯正させます。しかし、角膜を削りすぎたり、あるいは角膜を削る場所を間違えてしまった場合は角膜を元に戻すことはできません。つまり、レーシック手術というのは非常に大きな責任感が問われる手術でありますし、その分医師には高い技術力と経験が求められるのです。また、どれだけ経験豊富な医師であっても失敗してしまう可能性はあります。

 

レーシック手術は執刀医の腕が大切になってくることは確かなのですが、手術時代は両目合わせても1時間もかからずに終了します。しかし、手術を受ける前には10種類ほどの検査を受ける必要がありそれには5時間程度の時間がかかります。そして、検査の結果を医師が分析することによって、レーザーでどのようにして角膜を削るのか位置や厚さなどを決定するのです。この検査と分析の過程がレーシック手術を成功させるために重要となってきて、医師が経験不足であったり、判断ミスをしてしまったら、それだけでレーシック手術のリスクが高まってしまって、乱視になってしまったり、合併症を引き起こす原因となってしまうのです。
そこで、レーシック手術をこれから受けようと考えている方は、失敗や後悔をしないために、クリニック選びや医師選びが重要となってきます。ここでは、レーシック手術を受けて失敗された方の体験談をご紹介します。

 

 

・25歳男性

 

視力が右は0.02、左が0.03にまで落ちてしまったためレーシック手術を受けることにしました。手術直後は確かに裸眼で見えるようになったのですが、術後3ヵ月が経過してから徐々に視力が落ちてきました。半年後には術前よりも悪くなってしまいました。手術後は翌日と1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後に定期的に健診を受けたのですが、術後半年後の時点で医師から再手術を勧められて、再手術を受けることになりました。その結果、右目は0.7、左目は0.9になりました。再手術を受けて現在は9ヵ月が経ちました。視力の方が現状維持していますが、時々視野がぼやけたり、焦点が合わないことがあります。事故を起こしてしまうと怖いので車の運転を止めました。レーシック手術を受けて良かったのかどうか未だに悩んでしまいます。身内にレーシック手術を勧めるかと問われれば、やはりやめた方がと答えてしまいそうです。失敗だったかなと今では思います。

 

・30歳女性

 

私がレーシック手術を受けた時は、担当した医師がどうやら新米の先生だったようで、フラップ作成の過程でミスが生じて、その後のレーザー照射も失敗に終わりました。術後も視力の回復が見られなかったですし、そのことを検診時に医師に指摘し続けていたのですが、そのうち私を担当していた執刀医が辞めてしまいました。後にその医師が辞めた理由は、どうやら私のレーシック手術時にフラップ作成ミスしていたせいだと分かりました。
病院に訴えたのですが聞き入れられなかったです。そこで、妹に受付に行ってそれとなく話を聞いてきてもらったのですが、やはり執刀医がミスをしていたことが分かりました。
しかし、医療訴訟を起こそうにもクリニックには顧問弁護士がいますし、このまま個人で争ってもどうしようもないと諦めて、別の医院に行って再手術を受けることにしました。そのクリニックではやはり失敗しているということを言われましたね。以前のクリニックには紹介制度があって、知人を紹介した場合にはキャッシュバッグを貰える制度だったのですが、私は全く視力が回復しなかったため誰も紹介していなかったです。今思えばそれは正解でした。あのようなクリニックを紹介したことによって、知人や友人にも同じ思いを味あわせていたらと思うと今でもヒヤヒヤします。レーシック手術は確かに成功率の高い手術であると言われていて、そういったデータもあるようですが、それでも失敗する可能性はあるのですから、クリニック選びは慎重に行った方がいいなと改めて実感しました。

 

・22歳女性

 

私が受けた時はいきなり麻酔を使わずに医師が手術を始めました。びっくりして痛いと叫んでしまい、手術室の前で待っていた両親が驚いたほどです。
医師も驚いて看護師に確認を取っていたりしていましたが、私は怖くなってそのまま帰ってしまいました。
あのようなクリニックばかりではないのでしょうが、今でも腹が立ちます。訴えてやりたいと3年経った現在でも思うくらいです。

 

・37歳男性

 

症例数が豊富であり、レーシック手術を受けられるクリニックの中では日本でもトップクラスであると言われているクリニックで施術を受けました。しかし、過矯正になってしまい再手術を受けることになりました。しかも、それも失敗してしまいコントラスト機能が失われてしまいました。現在裁判で訴えている最中です。しかし、同意書にサインしてしまったため、医師やクリニック側に明らかな過失がない限りこのまま手術ミスとして仕方がないと泣き寝入りしてしまわなければならない可能性があります。同意書にサインをしなければ手術を受けることができないですし、患者の立場というのはどういったものなのか考えさせられます。このような状況がなんとなならないものかと思います。