レーシックを受けた方が良い人

レーシック手術はここ数年で急激に話題になっていて、有名な視力回復法です。高い効果を期待できて、短時間で手術を終えられるため、手術後すぐに裸眼でキレイに周りの物をはっきりと見ることができるのは大きな喜びを感じることでしょう。事前に適応検査を受ける必要がありますが、それに問題がなければ実際に手術を受けることができます。レーシック手術を受ければ眼鏡やコンタクトレンズをもう使う必要が無くなるのです。コンタクトレンズは経済的にも大きな負担になることが多いですし、眼鏡はオシャレなどの妨げとなってしまうことが多々ありますので、レーシックによって大きなメリットを享受できるでしょう。どういった方にレーシック手術はオススメなのでしょうか。以下に例をあげます
・近視や遠視のせいで日常生活に支障をきたしているが、コンタクトレンズや眼鏡を使いたくない人
・職業上の理由で眼鏡やコンタクトンレンズでは業務に支障をきたしたり、不便を感じてしまう人
・スポーツやその他趣味などで眼鏡やコンタクトレンズでは邪魔になってしまう人
・アレルギー持ちの方やドライアイのためにコンタクトレンズを使用できず、眼鏡も使いたくない人
・左右の視力のバランスがおかしいために視力の良い方の目が疲れやすかったり、視力が良い方の目の視力が落ちてきた人

 

以上のような方には是非ともレーシック手術を受けることをオススメします。
視力が悪い状態のまま放置しておくと、眼が疲れてしまいます。また、頭痛や肩こりなどの原因となることが多いです。眼が悪い状態のまま、視力を強制せずに生活を続けると体調が悪くなることもあります。視力は自然に回復することは絶対にありませんので、眼鏡やコンタクトレンズは絶対に使用したくないという方や、もうこれらを使いたくない方はレーシック手術を受ければ、快適な生活を送ることができます。

 

レーシック手術を受けてどれだけ視力が回復するのかには個人差がありますが、手術を受けた人の9割以上の方は裸眼で1.0以上、日常生活に問題のない0.7以上まで回復した方は9割5分以上の方がいるそうです。裸眼で日常生活を送ることができるようになった方が大半ですので、興味のある方は色々と調べてみましょう。