視力低下や不正乱視について

レーシック手術を受けることで、視力を回復させるっとが出来ますが、確実に安全であるというわけではありません。
場合によっては、視力低下や不正乱視が引き起こされてしまうこともあるのです。
では、レーシック手術によって、視力低下や不正乱視が引き起こされてしまう原因について見ていってみましょう。
まずは、視力低下が引き起こされてしまう原因を説明させて頂きます。
レーシック手術後に視力が低下してしまう場合、手術の失敗である可能性は低いと言えます。
レーシック手術後の視力低下の最大の原因としては、目の使いすぎが挙げられます。
レーシック手術を受けた後は、目を安静にしていなくてはいけません。
そういったことから、レーシック手術を受けてから、目が落ち着くまでは、目を使い過ぎないように心掛けると良いでしょう。
次に、不正乱視が引き起こされてしまう原因を説明させて頂きます。
不正乱視が引き起こされてしまう原因としては、フラップ作成の失敗が挙げられます。
フラップ作成に失敗してしまうことで、癒着率が悪くなってしまうので、レーシック手術時にズレが生じてしまいます。
そのままの状態でレーシック手術をしてしまうことで、不正乱視になってしまうのです。
また、レーシック手術前の適性検査時の失敗によって、不正乱視になってしまうケースもあるようです。
レーシック手術前の適性検査時に、目の状態を十分に把握することが出来ずに、レーシック手術に失敗してしまい、不正乱視が引き起こされてしまうのです。

 

 

 

 

視力低下や不正乱視について関連ページ

緑内障について