緑内障について

緑内障という病気をご存知でしょうか。
緑内障は、眼圧で視神経が圧迫されてしまい、視野が狭くなってしまうという病気です。
また、緑内障に掛かってしまった結果、失明してしまう危険性もあるので、注意が必要です。
40歳以上になると、緑内障に掛かる可能性が高くなると言われています。
そういったことから、40歳以上の人は、自分が緑内障でないか疑うことも大切になってきます。
また、最近では、40歳以下でも緑内障に掛かってしまう人が増えているので、そのことも気を付ける必要があります。
緑内障の原因としては、低体温や低血圧の他に、重度の近視などが挙げられます。
これらの症状があるという人は、緑内障の可能性を考慮しておいた方が良いでしょう。
緑内障になってしまったら、通常のレーシック手術で視力を回復するということは出来なくなります。
通常のレーシック手術というものは、眼圧を上昇させることで、視力を向上させるという方法となっています。
緑内障は、眼圧で視神経が圧迫されてしまう病気なので、レーシック手術を行ってしまうと、緑内障が悪化してしまうのです。
そこでオススメなのが、PRKというレーシック手術です。
PRKというレーシック手術は、眼圧を上昇させずに、視力を向上させてくれます。
そういったことから、緑内障でも利用することが出来るレーシック手術というわけです。
しかし、PRKというレーシック手術も利用することが出来ない可能性もあるので、そのことは頭に入れておくようにしましょう。

 

緑内障について関連ページ

視力低下や不正乱視について