PRKについて

レーシック手術の中から、PRKという手術方法を紹介したいと思います。
レーシック手術と言えば、フラップを作成しなくてはいけないことが多いと言われています。
しかし、PRKでは、フラップを作成することなく、レーシック手術を受けることが出来るのです。
通常のレーシック手術では、角膜を切り取ってから、レーザーを照射して屈折率を調整するというものです。
一方、PRKでは、角膜を切り取ることなく、角膜に直接レーザーを照射するというものです。
昔は角膜上皮を切り取るものが主流でしたが、今は角膜を切り取ることは少なくなっています。
手術後は、保護用のコンタクトレンズを装着することで、手術は終了となります。
それでは、PRKのメリットとデメリットを見ていってみましょう。
まず、PRKのメリットとしては、以下の2点が挙げられます。
一つ目のメリットは、激しい運動に向いているという点です。
PRKでのレーシック手術は、角膜の強度がアップすることになるので、激しい運動に向いています。
二つ目のメリットは、フラップトラブルがないという点です。
フラップを作成しないので、フラップに関するトラブルが起こるということはありません。
次に、PRKのデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。
一つ目のデメリットは、痛みを感じやすいという点です。
PRKの手術が終了してから、角膜上皮が新たに形成されるまでの間は、痛みを感じやすいと言われています。

二つ目のデメリットは、片目ずつしか手術出来ないという点です。
PRKを利用して、一度に両目のレーシック手術を行ってしまうと、遠近感が分かりにくくなってしまいます。