成功率の高いイントラレ―シック

レーシック手術のうち、イントラレーシックというのは、フラップを作る方法が異なっています。通常はマイクロケラトームを使用して作成しますが、イントラレーシックの場合にはフェムトセカンドレーザーという特殊な機器を使用します。
フェムトセカンドレーザーの特徴は短時間で正確にフラップを作ることができることです。また、コンピューター制御されていますので、医師の熟練度によって成功率が左右されることもありませんし、フラップの作成を失敗する確率が限りなくゼロに近くなっています。
レーシックの手術でドライアイにかかるリスクがあげられますが、フェムトセカンドレーザーを利用すると角膜を傷つけてしまう確率が低いのでドライアイのリスク回避につながるのです。ドライアイにかかってしまうと、目が乾くだけでなく、頭痛や吐き気をともなうことがあり、治療が必要になるのです。
この他にイントラレーシック手術の良い点として、これまで通常のレーシック手術では視力の改善が難しいと言われていた、極度の近視にも対応しているということです。このためレーシック手術によって近視から解放される人が増えたのです。
多くの人に視力の改善の可能性を提供することができるイントラレーシック手術ですが、フラップの作成に使用されるフェムトセカンドレーザーという機器は特殊なため、設備しているクリニックはまだ少数であるのが現状です。また、高価な機器ですので、手術の費用も通常より高く設定される傾向があります。