フラップが消えるエピレ―シック

一般のレーシック手術は使用する専用機器の性能などから、手術に制限があります。たとえば、近視の度合いが強い場合や角膜の厚みが不足している場合です。
また、激しいスポーツを日常的に行なう人は、一般のレーシック手術ではフラップがずれてしまう可能性があるために、適していません。
エビレーシックで使用するのはエピケラトームという機器で、一般的なレーシックとは異なります。この機器を使用すると、角質の上皮のみで非常に薄いフラップを作成します。その上でレーザーを照射して近視の矯正を行うのです。
この方法で作成したフラップは数日後にはなくなってしまいます。というのも、角膜上皮細胞は新陳代謝によって新しく再生されるためです。視力は改善されまずか、フラップがありませんので激しいスポーツによってずれてしまう心配がないのです。
ただし、視力が安定するまでは痛みが残ることがあります。角膜の再生までは保護用のコンタクトレンズを装着して眼の保護をする必要があります。
エビレーシックは手術後に通常の生活に戻るまで多少時間がかかります。ケアをしっかりと行い、医師の処方に従うことが大切です。状態が安定するまでは、眼に負担をかけない生活を心がけ、ゲームやパソコンなどで眼を酷使しないようにしましょう。
しかし、一般的なレーシック手術では不適合となった人でも近視の改善をすることができる方法です。レーシックの手術が必要な人には、検討する価値がある方法です。