フェイキックIOLはレンズを挿入する方法

視力矯正の手術は、角膜を削ってフラップの作成しレーザーで屈折率を調整するレーシックが人気となっていますが。レーシック以外にも気力の矯正ができる方法があります。
角膜内にレンズを挿入することで視力の矯正をするフェイキックIOLという方法があります。一般的なレーシックは角膜の厚みが不足していたり、近視の度合いが強い場合には手術を受けられないことがありますが、フェイキックIOLならば、問題なく手術することが可能です。もし、手術後に効果が得られないなどの問題が発生しても、レンズを取り外すことができますので、安心して手術を受けることができます。
埋め込むレンズの位置は2通りあります。角膜を切開して虹彩にレンズを固定する前房型と虹彩と水晶体の間にレンズを挿入する後房型という方法です。
前房型の場合には、手術の後に眼帯を付けて眼を保護する必要がありますので、レーシック手術のように同時に両眼の手術をすることができません。両眼の手術をするには2週間前後の期間が必要です。一方の後房型は、眼帯は不要なので、両眼を同時に手術することが可能です。
フェイキックIOLはリスクが少ない視力矯正の方法なのですが、医師の技量が問われます。臨床例が少ない方法なので、しっかりとした技術を持ったベテランの医師のいるクリニックを選ぶことが大切です。
また、費用が通常の2倍近くかかってしまいます。この方法を取り入れているクリニックはまだごくわずかということもあり、今後の普及次第では費用ももう少し安くなるかもしれません。