ウェーブフロントレ―シックは高精度対応

ウェーブフロントレーシックは通常のレーシック手術より高精度な近視改善の手術方法です。物が見える仕組みを簡単に言うと、角膜や水晶体を通して見ることで目の奥に映像をとらえることができるのです。そして、この時に歪みがあると近視や乱視になってしまうのです。
ウェーブフロントレーシックは個体によって異なる角膜の形状や水晶体の歪みを検知して、微細な照射をすることが可能なのです。このおかげで、歪みの除去をその人にとって最良の値にまですることができるようになりました。
レーシック手術の主な効果は近視ですが、この方法では乱視や遠視にも対応することが可能なのです。強度の近視についても手術することができます。対応できる範囲が広がったことで、見ることに対して不便を強いられている人にもクリアな視界を得られる可能性が広がりました。
レーシック手術は自由診療ですので費用は安くはありません。ウェーブフロントレーシックは通常のレーシックよりも精度の高い方法ですので、費用はさらに高くなることは避けられません。
また、最先端の方法ですので、ウェーブフロントレーシックの機器を備えている病院はそれほどありません。そのため、治療を希望したとしても通院できる範囲で病院が見つからない可能性もあります。
レーシック手術は方法や目の状態によって複数あるのです。自分にはどの方法が適当なのかは、まず病院でカウンセリングをしたうえで相談するとよいでしょう。