イントラ角膜リングの挿入

レーシック手術は近視の改善を希望している人すべてが受けられる手術ではありません。残念ながら、検査の結果適応不可という判断を出されてしまう人もいるのです。
しかし、近視の改善はレーシック手術以外でも実現できる方法があります。それが、イントラ角膜リングという方法です。本来は、円錐角膜という眼病の治療用としてよく利用されている方法です。円錐角膜はこの手術によって進行が緩やかにすることができるのです。
手術は角膜内に半円で弓状のリングを挿入して角膜の形を調整することで近視の矯正をおこないます。近視ばかりでなくこの方法では乱視の矯正をすることもできます。また、挿入するリングは効果によって厚みが異なりますので、リングの種類は複数あります。
最先端の手術方法はコンピュータ制御によって角膜の切開をしますので、安全性は向上しています。しかし、機器を備えているクリニックは多いとは言えません。レーシックに限らす、技術や機器の目覚ましい進歩に伴い、最新設備の開発も速度が早まっています。そのため常に最先端の設備を整えられる病院は数少ないのです。
また、医師が機器の使用や技術の修得に熟練するまでには時間がかかります。特にイントラ角膜リングは非常に手術の難易度が高いのでベテランの医師がいるクリニックでの手術が必要です。
近視の改善度があまり高くないので、手術後に満足感を得られないことがあり、デメリットと言えるでしょう。角膜リングは手術後に取り出すことができますので、他の方法で再手術することも可能です。