レーシック手術の中から、PRKという手術方法を紹介したいと思います。レーシック手術と言えば、フラップを作成しなくてはいけないことが多いと言われています。しかし、PRKでは、フラップを作成することなく、レーシック手術を受けることが出来るのです。通常のレーシック手術では、角膜を切り取ってから、レーザーを...
ウェーブフロントレーシックは通常のレーシック手術より高精度な近視改善の手術方法です。物が見える仕組みを簡単に言うと、角膜や水晶体を通して見ることで目の奥に映像をとらえることができるのです。そして、この時に歪みがあると近視や乱視になってしまうのです。ウェーブフロントレーシックは個体によって異なる角膜の...
視力矯正の手術は、角膜を削ってフラップの作成しレーザーで屈折率を調整するレーシックが人気となっていますが。レーシック以外にも気力の矯正ができる方法があります。角膜内にレンズを挿入することで視力の矯正をするフェイキックIOLという方法があります。一般的なレーシックは角膜の厚みが不足していたり、近視の度...
一般のレーシック手術は使用する専用機器の性能などから、手術に制限があります。たとえば、近視の度合いが強い場合や角膜の厚みが不足している場合です。また、激しいスポーツを日常的に行なう人は、一般のレーシック手術ではフラップがずれてしまう可能性があるために、適していません。エビレーシックで使用するのはエピ...
角膜や視力の状態によっては一般に普及しているレーシック手術に適応できず、アイレーシックにも適用できないと言う人がいます。そのような人でも手術が可能な方法がラゼックという方法です。レーシック手術は眼圧が一時的に上がることがありますので、緑内障の人はもちろんですが網膜の弱い人も受けることができないと言わ...
レーシック手術のうち、イントラレーシックというのは、フラップを作る方法が異なっています。通常はマイクロケラトームを使用して作成しますが、イントラレーシックの場合にはフェムトセカンドレーザーという特殊な機器を使用します。フェムトセカンドレーザーの特徴は短時間で正確にフラップを作ることができることです。...
レーシック手術のなかでも最先端の技術が利用されているのがアイレーシックです。最先端の技術を使用しているため費用は高いです。しかし、費用が高い分、得られる視力矯正の効果は抜群です。患者の角膜の状態にあったレーザーの照射をすることができるので、角膜のわずかな歪みも矯正することができるのです。手術前に解析...
レーシック手術は近視の改善を希望している人すべてが受けられる手術ではありません。残念ながら、検査の結果適応不可という判断を出されてしまう人もいるのです。しかし、近視の改善はレーシック手術以外でも実現できる方法があります。それが、イントラ角膜リングという方法です。本来は、円錐角膜という眼病の治療用とし...